スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Febriphobia

夏の暑さに吸い込まれてしまいそうです。
掃除機のような吸引力に、
パンドラの箱のような誘引力、
それから物体の持つ万有引力に、
私は吸い込まれて行きそうです。

「暑いこと」を修飾する言葉はいくつかあると思います。
とても暑い、すごく暑い、超暑い、鬼暑い、とか直接的な強調句や、
夏ぞ暑き、夏こそ暑けれ、といった高校生的な係り結びに、
溶けるような、燃えるような、叫ぶような、というようにイメージと結び付ける方法、
どれも言葉を選ぶ人が真剣に考えるべきことです。
その中で私は「吸い込まれるように」という表現を選びました。
夏の暑さに対して婉曲的な残酷さを感じる言葉だと思います。

現在の職場には空調設備が付いているのですが、
2,3年前に大阪にいた時はそのようなものはありませんでした。
仕事中は元より、昼休みも休憩する場所がなくて、
気温が35度を超える作業場で(室内なので、もっと高かったかもしれません)お弁当を食べながら身体を休めていたことを記憶しています。
学校の教室でしか見たことのないような木の机に伏して目を閉じていると、
時折窓から吹き込む風がギターのクリーントーンのように心地よくて、
このまま目を開けることができないのではないか、とさえ感じることがありました。
その時の私は、今にして考えると、夏の暑さに吸い込まれてしまっていたのでしょう。
私の周りを灼熱が包み込んでいました。


灼熱

海の青白さ
タイヤの摩擦音
換気扇の設置角度
シャワールームの水蒸気
プールサイドで休む中学生
富士五湖に響く歌声
そういった一見共通性のないものに
僕は灼熱の夏を認める

「この先猛暑につき注意」


こんな詩を書いたのが、2013年の8月8日。
ちょうど職場の4階倉庫の片隅で休憩時間を過ごしていた時のことです。
その時私は灼熱の最中にいました。
この詩で告げたかったことは、この危険地帯から私は何としても逃げ出さなければならない、という決意でしょうか。
または仕事が終わって帰宅した私が、漫然と冷房機の風を浴びていた習慣に対する警鐘でしょうか。
今となっては記憶は蜃気楼の向こう側です。

----------

楽しい話がしたいです。
最近は本当に涼しい時間を過ごしています。
通勤時間には冷房のよく効いた電車内にいますし、
職場には冷房も給茶器も高い水準の可用性で設備されています。
仕事が終わって外に出ると、夕暮れ時のぬるい風が私を包み、
この季節特有の気温が私を甘い感傷に誘います。
こんな気温の日に、僕は通学していた。
福岡県の田舎にある高校に通っていた僕は、いつも同じ電車の友達と一緒に長い坂を登っていた。
それから僕はいろんなことを考えていた。
音楽について。
英語について。
誰かと接することについて。
諦めることについて。
ゲームのことについて。
そんな高校二年生の思い出が蘇ってくるのです。

猛暑は続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
各々のご事情はお察ししますし、動かなければならない時期もあるでしょう。
だけど、無理をしていたずらに体力を擦り減らしてしまうことは、本当に危険なことです。
あなたにとっても、それから私にとってさえも、それは危険なのです。
どうかくれぐれも、ご自愛ください。

Rapture

前回のブログで、「いつかまた東京に住みたい」と発言したところ、その3日後に東京に転勤になる内示を受けました。
その時の私の喜びを言い表すことができるでしょうか?
そんな訳で現在私は神奈川県横浜市に住んでいます。

横浜市は、日本で一番人口の多い市だそうです。
二番は大阪市なので、トップ2つの街には住んだことがあることになります。
そう考えるだけで、私は言いようのない優越感に浸ることができるのです。

現在私はシステム関連の部署に勤めております。
覚えることが非常に多く、毎日が発見の連続で、大変楽しく仕事に取り組んでいます。
私は入社したての頃にブログを始めましたが、その頃の文章を見返すと、精神・肉体的に恐ろしく疲弊していたことが思い出されます。
その苦労を越えて、いい職場に辿り着いたと思います。

関東に来てから、新しくバンド活動を始めました。
そろそろこのブログ内の音楽活動報告にも、何かしら進展を見せたいと考える所存です。
今後とも、よろしくお願いいたします。

TST

会社の社内資格の受験のため、6日間ほど東京に行っておりました。
ただいま帰りの飛行機内で、iPhoneに向かってこの文章を綴っています。
携帯電話のairplane modeというものを初めて知ったのですが、
今時のスマートフォンは飛行機内で電波を発しない設定にすることができるようですね。

BGMとしてsigur rosのagaetis byrjun(アゲイティス・ビリュン、英語で言うと a good beggining 的な意味だそうです)を流しています。
この素晴らしいアルバムは1999年にアイスランドから発売され、世界中を席巻したそうです。
10曲入り(1と10はイントロ、アウトロ的な感じです)にして72分と、かなりのボリュームです。
編成は普通のバンド+オーケストラという感じで、曲はどれもゆったりしていて繰り返しが多いのですが、サウンドがとても新鮮です。
全体として音圧が結構低めに設定されていますが、それは曲に緩急を持たせるためです。
曲の終盤等で盛り上がる部分は、これでもかというばかりの音量が設定されています。
音圧の低さは、ふんだんに使われているフィードバックノイズやリバーブを強調するのにも非常に役に立っています。
和音進行についてですが、ほとんどの曲で特に変わった部分はありません。(7,9曲目あたりは若干難しいコードを多用していて、4曲目はドリア旋法であることぐらいです。)
私はこのアルバムを大学3年生の就活時に初めて聴いたのですが、それまで知っていたどのバンドとも違う雰囲気の楽曲たちに打ちのめされたことをよく記憶しております。

飛行機は地上を離れようとしています。
モーターの回転音が実質的に響きます。

東京では初日に高校時代の友人と一緒に、川崎でスタジオに入ってバンド的なことをやりました。
彼がベースを弾いて、私がギターボーカルです。
ドラムは事前にトラックをMIDIで作っておいて、スピーカーに繋いで再生します。
相対性理論やミッシェル・ガン・エレファントを演奏しました。
夜はパスタを食べました。
なかなか有名なお店だったようで、食べログ等でも高い評価を博していたそのパスタは、
庶民的な味覚を有する私にとって一級の味でした。
カルボナーラを注文したのですが、チーズの味が今でも記憶に残っています。
そのお店で、友人の恋愛話をいくつか聞きました。
なかなか冒険的な話もあって、いつか小説にしてみたいと思いました。
そのうちフィクションとしてこのブログに掲載いたしましょうか。
宿は近くのカプセルホテルでした。
初めてのカプセルホテルは、とても狭かったことばかり印象に残っています。(1/31)

飛行機は気流に揺られます。

日曜日は大学時代の友人達と東京スカイツリーに登りました。
集合時間は11時だったのですが、私以外の4人は全員遅刻でした。
10分ほど過ぎて女性が一人来てくれたので、その人と二人で東京ソラマチ(スカイツリーの下にある商業施設)を30分ほど歩き回っていました。
それから徐々に友人達が集まってきて、お昼ご飯を食べてからスカイツリー展望台を目指しました。
上の方まで登るのは初めてだったので、私の心は弾み続けていました。
東京の街を一望できて、優越感に浸るばかりでしたが、現在飛行機から見える景色に比べるとかなり劣るのだと気付いてしまって、少し残念です。
みんなで高い所で遊ぶのはとても楽しかったので、降りて来てからちょっと憂鬱になってしまいました。
東京スカイツリーは叙情的な建造物です。(2/1)

月曜日からは、会社で研修を受けていました。
会社の同期に久々に会うことができて、懐かしかったです。
火曜日の夜には、大学時代の同級生達と5人で焼肉を食べました。
たまたま全員現役合格していて年齢が同じだったのですが、
結婚したり子供が誕生しそうだったりと、それぞれ人生のステップを進めているようで、私は嬉しく思いました。
水曜日の夜には、友人の一人から教えてもらったラーメン屋に行きました。
「むぎとオリーブ」という銀座にあるお店で、醤油ベースのラーメンにオリーブオイルが入っている、という風変わりなラーメンです。
お店の内装は、割と西洋的で、木でできた家具が沢山置いてある感じです。
具は、みつば、鳥肉、ポテトスティック、チャーシュー、海苔と、なかなか混沌としています。
実際に食してみると、全ての具・スープがラーメンとマッチしていて、感動を覚えました。
具の選出・調理時間、スープの味加減、麺の硬さ等、全てが非常に高いレベルで統合されていました。
何よりも、見た目が美しいのです。
ラーメンを見て造形美を感じたのは今回が初めてで、ただただ感動するばかりでした。

飛行機は安定を保ちつつ飛び続けます。

今回の東京出張で、改めて東京に住みたいという思いが強まりました。
いつか叶うといいですね。

季節の行方はどこ?

冬の空には星が輝くそうです。
少し前に、星座の場所を教えてくれるアプリを、iPhoneにインストールしました。
空に画面を向けると、その方角に見える星達に線を結んでくれて、
星座の名前を表示するのです。
地面を見ると、南半球から見える星座がわかります。
私はそれを見るだけで、星々の生い立ちや古代の人々の星に関する思想を読み取ることができます。

『僕は今どこにいるのかわからない
北極星が示す一般的真実と
僕の直感が一致しない
なぜなら僕は誰のことを一番思ってあげればいいか
見当もつかないから』

最近、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」を読んでいました。
半分ほど読み終えたところで背表紙を見たところ、
「叶わない恋をしてしまったウェルテルは、苦悩の末に自殺してしまう」というネタばらしをされてしまいました。
何もこんなに目立つ場所に書かなくてもいいのに、と思い、しばらく読書を中断してしまいました。
また時間を作って、続きを読んでしまいたいです。

その本の中で、「無限に豊富なのは自然だけだ。自然だけが大芸術家を作り上げるんだ。」というフレーズが印象に残っています。
ゲーテはそれを納得させるため、恋愛について規定されるたとえ話を出します。
君が彼女と時間を過ごすのは構わないが、
自分の収入のうちの何割かだけを彼女のために使い、
それ以外の金額は学問などにあてなさい。
贈り物をするのも誕生日とかクリスマスとかに限る。
こんな風に規定してしまうと、立派な仕事をする人物にはなるだろうが、
恋愛に関してはおしまいだ、ということです。

私は物事のルールを定めることに関しては非常に肯定的です。
私が行動する時は、これほど極端ではないにしろ、必ず一定の自分自身のルールに従っているのだと信じています。
音楽を作る時だって、まさにその通りです。
一定の法則に基づかない音楽は、自ずから限界を迎えます。
なぜならば自分の感性だけで完結してしまうからです。
法則という客観的な、ある種万人にとって有用な根拠に基づいた芸術を、私は賞賛するのです。
このような私自身の心理がゲーテの叙述と対立するのは、興味深いことです。

----------

季節は一体どこに行ってしまったのでしょうか?
どうして僕はそれについて行かなかったのでしょうか?
今思うと疑問だらけです。
僕はただ心地よい春風や夏の河川に流されていればよかったのに。

Renaitre

今年は本当にいろんなことがありました。
これからもいろんな出来事が起こるでしょう。
それらに思いを馳せて、私は眠ることにします。

翌日。
今年は本当に退屈でした。
何一つ変化は起こっていません。
私が考えていることがすべて嘘みたいに感じられます。

1月に私は福岡にやって来ました。
正月に実家に帰省した時は、友達数人と野球をしました。(1/3)
場所は直方市の河川敷です。
大阪に戻ってからすぐ、大学時代親しかった人達と、送別会と称して飲み会を開催しました。
送られるはずの私がなぜかすべて企画したのですが、とても楽しい会になりました。(1/6)
大阪を出る一週間前、私は午後の2時間ぐらい会社を抜けて、市役所に転居手続きに行きました。
その帰り道でコンビニで温かい肉まんを買って食べたことが、とても印象的です。(1/14)
引越しの前日には、大阪で入っていた合唱団の方々に盛大に送別していただきました。
朝の5時ぐらいまで居酒屋で飲み続けて、とても名残惜しい気分になりました。(1/18)
福岡に来てからの最初の土曜日は、chor domaという合唱団の演奏会に行きました。
そのまま打ち上げに参加させていただき、結局私は朝の5時ぐらいまで居酒屋で飲み続けていました。
2週連続ですね。(1/25)

2月には高校時代の友人の結婚式がありました。
とても仲の良い友人だったので、私は非常に嬉しい気持ちで列席させていただきました。
会場は折尾でしたが、福岡市から行くのが初めてだったので、かなり新鮮な道すがらでした。
私は改めて自分自身の土地に対する知識の少なさを感じたのです。
そのまま2次会に参加し、友人達と夜の小倉の街で朝の3時ぐらいまでひたすら飲み続けていました。
3週連続ですね。(2/1)
その次の土曜日は、大学時代の後輩のS藤君とskype通話することになり、
同じく大学の後輩のY澤君と、同期のW田君と、四人で朝の5時ぐらいまでネットゲーム(7並べとかそんなの)で遊んでました。
4週連続ですね。(2/8)
その翌週、私が何をしていたかは残念ながら全く覚えておりません。
さらに翌週は、福岡での初めての土曜勤務でした。
前日に私がミスをしていたことが判明し、その事後処理等で大変忙しい一日だったと記憶しています。
あまりに時間がなくて、昼食のお弁当を最後まで食べ終えることができず、
仕事が終わってからゆっくり食事をとっていた記憶があります。
そのまま実家に帰り、少し早い誕生日のお祝いをしてもらいました。
ついでに祖母に誕生日プレゼントとして、谷川俊太郎さんの詩集を買って行きました。
実家が近くてとてもいいなと感じた休日でした。(2/22)

急速に一年間を振り返ろうとしています。
こんなことなら、毎週ブログを記録しておくべきでしたね。
プロフィール

Touch0225

Author:Touch0225
神奈川県在住

音楽を聴いたり、作ったり
するのが好きです。
時々日記を更新します。

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。