スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wordgorger

言葉達が食料として消費される世界。
そんな空想の中では、私の言葉は美しく味付けがなされているのでしょうか?
そうありたいと願っています。

----------

#10. New Art -- Preface

Prophaners are marching abreast towards a tarn above the tainted stream.
Watching them go, I reminisce about a hest bid by an obsolescent meme.

"Behold, New Art shall be the Only God",
Which I easily controvert.
"How many new arts have you got in this illimitable world?"

I know New Art lies on a knoll.
Also it is put under the coral reaf.
New Art encourages an upwelling soul.
I can find it anywhere with certain belief.

A sleeping girl glitters in a lotus petal.
I stroke her hair like a pious acolyte,
Hoping she will be free from all spites that meddle.
This behavior seems as artistic as alexandrite,
Which is also New Art.
No one has disregard.

I hope New Art prevails,
and no life vainly derails.

All art is quite useful.

2015 11 24

----------

#9. ソーサリアン

天使を召還する
剣を手に与える
彼女の翼に手を掛けて
僕は宙を舞った

飛びながら魔法を放つ
敵の攻撃を防ぐために
天使は悪を斬りつける
生き甲斐のように

Sorcerian..
I cannot play it well
Yet you shall not die
No intimation is needed

天使は僕を守る
幾本の矢を受けて
血にまみれながら
突風を巻き起こす

僕はやめてほしいとせがむ
君と地上で暮らしたい
クッキーを焼いてもらって
公園でアイスを食べる
僕が求めているのは
そんな天使だったのに

天使の剣が敵を突き刺す
僕の敵は誰だろう?
敵は血を吐いて崩れ落ちる
僕の味方は誰だろう?

I am not a sorcerian
The sane are banes
Prayers become betrayers
Cakes turn into stakes

地上に戻った時に
天使は息を引き取った
ひとしきり悲しんだ後に
僕は新たな天使を召還した
天使は純粋な目をしていた

Dona eis requiem aeternum

2015 5 11

----------

#8-1. 実体化

難しくなくたっていいのに
桜の花に呼び方があって
おしゃれな帽子を被ってても
僕の名前は埋められた

死なせてなんかない
まだ眠らせてもない
空に浮かんだのに
光の浮遊力を得たのに
今夜からの会食で僕は
何も無いことを知るだろう
知ったところで何もしない

難しくなくたっていいのに
無駄に難しい思いつきのせいで
殺したがりの悪魔が浮かび上がる

2012 3 15


#8-2. entitize

no difficulty wished

petal has each name
has its hair in a headwear
my superscription pruned

no bringing of death
nor according of doze
whizzing empyreally
yet lux levitation granted
convivium commencing tonight
which enlightens voids
which culminates nothing

no difficulty wished
wished ones nice sarcasm ressurect devil loving to annihilate

2014 3 21

----------

#7. the rack

i'm on the cold rack
the train brings a chest to unpack

夜の線路の微笑み
平和を騙る鳩の群れ
閉店間際のハートインの
薄暗い電球と暖房の中で
僕は大きな鹿が大阪の街を蹂躙する幻を見た

joanna newsomのonly skinが流れてる
深夜の鶴橋駅は電車がひしめく
飛び立つ鳩が象徴するものは?
電線を擦る悲痛な声

やがて電車は大阪駅に到着する
人々が駅構内を駆け回る
徒歩で家まで辿り着ける僕は余裕を持って歩いていく
でも正しいのは急ぐ人達だと思う
僕には時間が有り余っているのに
創造的活動を放棄して
都会の舗装の上を闊歩している

「時間が無くなってしまったらどうするの?」
「その方がいいと思う」

朝の光を待ちわびて
いつまでも歩き続ける幻の僕は

2014 1 9

----------

#6. unfriendly convivialists and the unfriended faminestricken

i frail
i vigilant
i unable
i tolerant

ビルの廃墟に
硝子の梢

she torment
she stifle
she negate
she reckon

秋更けて
樹々の陽気も
絶え絶えに

brilliant intruders denied the entity
people went one by one

硝子の街が
地平線の向こう
溶けて行く

melting, melting..
an hourglass telling me the altitude lies beyond the unreachable
sounds of a second hand chime

いつまでもそれを見守っていた

may i stay in the air?
can "mayn't" be said?

2013 11 19

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch0225

Author:Touch0225
神奈川県在住

音楽を聴いたり、作ったり
するのが好きです。
時々日記を更新します。

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。