スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

subliminal wolves

歌詞

山口龍彦

subliminal wolves

Rising sun showers me.
Lotus flowers can just grant us powers from liberty towers of poverty.
Liberty of poverty.
Shut it out.
Let's consider what we have made in this decade.
10 years ago i learned how to persuade someone so much lade.
Just kill him.
This murder is no more than trimming the grim.
Cut the limbs in the crowded gym.
He'll scream.
He shall scream as a marshall squeak.
Sadly i esteem the sound so lightly.
Colored steam from a perfervid pound frightens me.
Brighten me.
Hayden speaks to iron deeks.
I have got to take fresh airs in
to sing with grace friede auf erden.
She is just bearing the burden of theirs.
In the silence of laws, for the tyrant of flaws, and by reliance of saws, my terror withdraws by itself.
I am located in the bookshelf.
The sophisticated deprive me all of my little wealth.
All i can do is crying for a resistance.
Reminiscence that i distance,
existence beyond your insistence,
and my omissions are ready to assault me.
Now you look so vaulty.
I got to demand autonomy.
Otherwise i would have a lobotomy.
They make up a mendacious chronology.
Water sounds at midnight.
Flaming curtains surround a fit child.
She is frantically pleased and sit like a brick kyte.
I wipe all my delusions.
But i am caught in a swamp of fusions.
Here comes the greatest defusion.
There seems to be no solution.

..which (i mentioned all above) intends to kill me.
You know.
I know.
To be frank i don't know, though.
Maybe also you don't know..
Even what to know.
I am confident that i would be pulled in the slaughterhouse.
Now that i am a cornered mouse, i need a help of the wolves kept from the door.

2013/6/16

解説

タイトルのwolfとは、いわゆるウルフの五度を表しています。
ウルフの五度について、wikipediaの日本語版には項目がありませんが、英語版のリンクは以下になります。
http://en.wikipedia.org/wiki/Wolf_interval
純正律等の古来からある音律においては、純粋に数学上の理由から、
その音律内の通常の完全五度に比べて、周波数比が広い完全五度が生じてしまうことがあります。
この楽曲においては、イントロから最後まで絶え間なく流れ続ける2つの正弦波の周波数比が、
通常の完全五度より若干広く設定されており(中全音律におけるウルフ五度より若干狭い程度?)、
独特の音のうねりを発生させています。
旋律もドリア旋法(D E F G A H Cという旋法)で書かれているため、
時々減五度の和音が現れてくるのも、不安定な感じが出ているのではないかと思います。

また、別のギミックとして、2つの正弦波の周波数を曲が進む毎に少しずつ高めています。
これがタイトルのsubliminalの由来です。
途中で音が正弦波のみになる部分で、音程が少しずつ高くなっていって一気に下がるのがわかると思います。
これを曲全体を通して行っているので、最後は最初よりも正弦波の音程が半音ぐらい高くなっています。

作曲時期 2013/6~2013/9

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch0225

Author:Touch0225
神奈川県在住

音楽を聴いたり、作ったり
するのが好きです。
時々日記を更新します。

カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。